公益社団法人 肝属郡医師会

肝属郡医師会からのお知らせ

公益社団法人肝属郡医師会一般事業主行動計画(第3回)

update:2015.10.07

平成27年9月30日

 

 

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

 

1.計画期間
平成27年10月1日~平成32年9月30日までの5年間

 

2 計画内容
【目標1】出産・育児に関する制度等の充実を図る。(垂水地区)
<対策>
● 平成27年10月~
事業所内託児所の利用条件や運営時間の整備を図り、小学校就学前の子供を育てる労働者が利用できる運営を実施する。
男性の育児休業取得を促進し、始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ制度等を導入し、男性が育児参加できるような労働環境の整備を実施する。

● 平成28年度~
仕事と子育ての両立支援のための取組を継続する。(次年度以降も同じ)

 

【目標2】育児休業している労働者の職業能力の開発および向上のための情報提供(南隅地区)
<対策>
● 平成27年10月 ~
年4回発刊の季刊誌発送にあわせ、各種院内勉強会・研修会への案内ならびに部署会の情報提供
職場復帰前面接の実施

● 平成28年度~
仕事と子育ての両立支援のための取組を継続する。(次年度以降も同じ)

 

【目標3】育児休業後における現職又は現職相当職への復帰のための業務内容や業務体制の見直し(南隅地区)
<対策>
● 平成27年10月~
職場復帰前面接による勤務形態希望の確認

 

【目標4】子どもを育てる労働者が子育てのためのサービスを利用する際に要する費用の援助の措置の実施(南隅地区)
<対策>
● 平成28年4月~
子が3歳に達するまでの間、育児支援手当を支給する

 

【目標5】所定外労働の削減のための措置の実施(垂水・南隅地区)
<対策>
● 平成27年10月 ~(南隅地区)
所定外労働の多い部署における、状況把握と業務改善の実施及び評価
● 平成27年10月~(垂水地区)
各部署ごとに、毎月ノー残業デーを設定・実施し、長時間にわたる時間外労働の抑制を図り、定時退社を促進する。
● 平成28年度~(垂水地区)
超過勤務の管理について管理職の啓発に努め、所定時間外労働の縮減に向けた取組を継続する。(次年度以降も同じ)

 

【目標6】年次有給休暇の取得促進のための措置の実施(垂水・南隅地区)
<対策>
● 平成27年10月 ~(南隅地区)
年次有給休暇の取得を促進するため、年間取得状況を調査し、周知・啓発を実施
● 平成27年10月~(垂水地区)
年次有給休暇の取得を促進するため、毎月取得状況を調査し、半日及び年間5日までの時間単位での取得・誕生日休暇等を奨励し、周知・啓発を実施。
● 平成28年度~(垂水地区)
年次有給休暇を取得しやすい環境づくりのための取組を継続する。
(次年度以降も同じ)

 

※ 垂水地区  垂水中央病院、介護老人保健施設コスモス苑、居宅介護支援事業所コスモス苑

※ 南隅地区  肝属郡医師会立病院・介護老人保健施設みなみかぜ、医師会事務局指定居宅介護支援事業所みなみかぜ